アパート経営の成功は管理で決まる

祖母が遺してくれた土地を有効活用

将来の年金不安や、会社の給料減額等により、日本人でも投資を始める人が増えています。
日本人は投資よりも貯金のほうを好む人が多かったですが、これからの将来は「自分年金」を作ることがとても大切な行為になります。
自分がアパート経営を考えたのも、そのようなことがきっかけでした。
自分は大学を卒業するときに、大変な不況で就職率も極めて悪く、幸い就職できた人もブラック企業のようなところばかりでした。
このような会社で一生を過ごすことはもったいない。
それにそんな人間を人間と見ないようなひどい会社に入っても身が持たないだろうと思うようになりました。
もっと有意義にお金を稼ぐ方法はないだろうかと考えたわけです。
大学を卒業してから数年後に祖母が亡くなりました。
祖母は50坪にも満たない小さな土地ですが遺してくれました。
その土地が幸いにもアパートに大変適した土地だったのです。

国立出の元大企業勤め、現アパート経営およびゲームクリエイター、妻子持ち、英語可能、クチャラーって改めてKさんのハイスペ感やばいな

— ましろってぃ (@rottyMountain) November 29, 2020

祖母が遺してくれた土地を有効活用 | アパート経営に投資 | アパートは満室になり、不労所得が増えました

アパート経営 / アパート経営の成功者に学ぶ